我慢して使うWindows 8.1
[Home]

 我慢して使うWin8.1

 最初に

言わずと知れておりますが、Windows 8.1は、マイクロソフトが販売しているOSです。2018年のOSの日本に於けるシェアですが、Windows 7が43%前後、Windows 10が45%前後、Windows 8.1が5%前後、Windows XPが4%前後、その他のMac OS X、Linux、Windows 8は1〜2%のようです。 Windows 8.1より前に発売されたWindows 7が43%前後なのに対して、Windows 8.1が5%前後であるのを見ても分かる通り、Windows 8.1は失敗作であるのは歴然としております。

Windows 8.1パッケージ画像
最新のバージョンであるWindows 10でさえシェアが45%前後に留まっているのをみると、Windows 10もほぼ失敗作と言っても過言ではないと思います。あれだけマイクロソフトがテコ入れをして頻繁にバージョンアップを繰り返し、Windows 10でしか動かないソフトを次々に作成しても今以って過半数を維持できないようでは、先行きは暗いでしょう。

私もWindows 10は所有しておりますが、使い難さは想像に絶する有様で、とてもメインでは使う気持ちに成れません。 個人的な感想ですが、まずトップ画面のデザインの悪さは過去のOSの中ではトップでしょう。トップ画面のデザインは変更ができるから良いではないかと言う人は多いと思いますが、初期設定画面のデザインを見ただけで中身を感じてしまうのは私だけでは無いと思います。

次に感じるのは、外部との接続の多さです。起動直後からマイクロソフトとのやりとりが非常に多いです。どのOSでもアップデートのチェックは行っておりましたが、ここまで頻繁に外部接続をするOSはありませんでした。 インストール時の設定では、出来るだけ外部接続をしないように設定しましたが、ちょっと手を開かせると、頻繁にディスクアクセスを行います。そのせいで通常のハードディスクの搭載ではアクセスが長時間に亘って行われ(動作の低下までは感じないものの)気分的に嫌になります。

今時はSSDを使うのが当たり前だろうと言いたいのは分かりますが、マイクロソフトは一体何の情報を、私のパソコンから抜き取っているのだろうかと不安を感じます。



現在、私がメインに使用しているのはWindows 7ですが、Windows 7もOSのサポートがやがて切れます。その後もメインパソコンでは使い続けるつもりでおりますが、他のOSも整備しておこうと思いました。 最新のWindows 10は年に2回の定期的なバージョンアップを現在も行っておりますので、まだ未完成のOSと考えられ、しかも個人情報を守ると言う点からは不安を感じます。従って、Windows 7の後継として残っているのはWindows 8.1のみになります。 つまりは、Windows 8.1を我慢して使うしか手段がありません。


 Windows 8.1をテコ入れする

Windows 8.1が嫌われる最大の原因は、Windows 7にあるような「スタートボタン」が存在していない点でしょう。
企業で使うように、ディスクトップに定型の業務で使うようなアイコンを登録しておけば済むようなら問題は無いのですが、私のようにプログラムの開発のツールや画像処理作業、エクセルで作成した数十個のプログラムを起動させるにはディスクトップは狭いですし、多く登録すると起動時にアイコンがバラバラに表示されて気分が悪いです。
やはり、ディスクトップに「スタートボタン」は必須であり、これを取り付ける事によって作業は格段にはかどります。

Windows 8.1に「スタートボタン」機能を付けるソフトは色々あって、私は無料の「Classic shell」を使う予定でしたが、 アマゾン で以下のようなソフトを見つけました。

/BacktoXP画像

マグノリア と言う会社が、Windows Xpのサポート終了に合わせて、2013年11月15日から発売したソフトです。
あまり売れなかったのか、現在は生産中止になっており、アマゾンに4個だけ残っておりましたので注文しました。
他にも販売している所はありますが、3000円以上出して買うのは、(機能的にみて)お金が勿体無いような気がします。
企業向けにボリュームライセンス(10本以上)の販売はしておりますが、インストール時に認証などの操作は要求されません。

一応、購入する前に「30日無料試用版」をダウンロードして試しておりましたので、問題なく動作するのだけは確認しておりました。
尚、無料試用版の削除を行うのは無料試用期間中に行わないと、デスクトップ画面からの操作が出来なくなり、削除するのが困難になるようです。
又、パッケージには「極限までXPに近づける!」と書いてありますが、メニューの選択がWindows Xpとほぼ同等になるだけす。

以下にインストール時の画面の一部を掲載します。
/Bkup1画像

MS-Office用ツールは使い物になりませんでしたので、チェックしない方が良いでしょう。
この機能はレベルが低いだけでなく、VBSからマクロをONにした起動が出来なくなりますので不都合が生じます。
/Bkup2画像

/Bkup3画像

以下は、再起動後の画面です。(画面は縮小して256色に減色しておりますので、実際の画面とは異なります)
/Bkup6画像

この画面では、Windows Xpの壁紙を本物と入れ替えております。
マグノリアが提供している「Xp風壁紙」は、以下のような物です。(画面は縮小して256色に減色しておりますので、実際の画面とは異なります)

/XP_Fuu画像

マイクロソフトの画像の著作権から逃れるためでしょうが、本物とは似ても似つかないチープなデザインの画像で、私は即刻変更をしました。
変更する事によって、画像の容量も減って、5848KB→226KBになり、(実感は出来ませんが)起動も速くなったでしょう。
3840×2160ピクセルから1920×1080ピクセルと狭くなりましたが、OSがデスクトップ画面に合わせて自動調整しますので、問題にはなりません。

変更をする方法は、「Windows」フォルダの「Web]フォルダの「Wallpaper]にある「XP風壁紙.JPG」の画像を入れ替えるだけです。
すんなりと切り替わらない場合は、「Back to XP設定」のXP風壁紙を使用のチェックを切って再起動後に、再び入れて再起動をしてください。
「スタート」ボタンを追加するだけでも使える(操作方法を体が覚えている)OSになります。
皆様の多少の参考になれば幸いです。

[Home]