SASのSSDを使う
[Home]

 SASのSSDを使う

 最初に

ここでの SAS(サス) とはSerial Attached SCSIの事を言い、コンピュータにハードディスクドライブ等のデバイスを接続するためのインターフェースです。SCSI規格のパラレル伝送のSCSI規格を、シリアル化したものです。 一般的に、個人が使用するパソコンに搭載しているハードディスクドライブはSAS方式ではなく、SATA(サタと呼ぶ人が多い)と呼ばれる方式のインターフェイスを使用したハードディスクを使用しています。 SSDとは何かにつきましては、もう誰でも知っている通り、Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略です。 その特徴につきましても「釈迦に説法」になりますので、解説は省略させていただきます。
SAS_SSD1画像
ハードディスクドライブのインターフェースの話に戻りますが、一昔前にはシリアルATAではなく、パラレルATAと呼ばれるインターファイスを使用したハードディスクドライブを使用しておりましたが、最近のパソコンには搭載される事はありませんし、手に入れるのも不可能に近い状態です。
早い話が、現在は個人(コンシューマ向け)が使用するハードディスクはSATA形式のSSDを使い、企業(エンタープライズ向け)のハードディスクはSAS形式のSSDを使用している場合が多いと思われます。

SATA形式のSSDでも耐久性や安定度に問題がなければ、コスト的に有利なSATA形式のSSDが主流となるでしょう。速度的には「NVMe」が登場しておりますので、敢えてSAS形式のSSDを選ぶ必要はありません。
左記の画像はSAS形式のSSDの一例になります。型名は「SanDisk Lightning LS 300S - solid state drive - 300 GB」で、俗にいうレア物と呼ばれる製品で、製造時期がかなり古いです。
このハードディスクドライブのスペックを下段に示します。


SAS SSD2画像

見ての通り、SLCタイプで300GBの容量があり、現在では到底手に入らない(SLCの部品コストの関係で生産中止のため)夢のようなスペックのSASのSSDです。
なぜ、こんな古いタイプのハードディスクを例に挙げたのかと言いますと、企業の廃品回収業者と思しき人がオークションで出品をしていたからです。
その時の画像を以下に示します。
SAS SSD3画像
最も新しい出品時期を3例掲載しましたが、高価なせいもあってか、落札者は異なっております。初めて出品されたのは2019年の4月頃からだったと思います。
3台一組での出品でしたが、台数的には30台以上が出品されたと思います。ただ人気は無く、落札者は常に一人でした。落札者がゼロで終了した時も数多くありました。

売れ行きが今一つだったので、出品価格を下げるのを狙っていたのですが、出品者が値段を下げる事はありませんでした。
2019年の6月2日の落札を最後に出品を見かけませんが、ひょっとしたら(台数がまとまった時点で)今後に出品するかも知れません。
(これと異なるタイプのSASのSSDの出品は、この出品者に限らず、多くの出品者が常時出品しております)


 なぜ落札者が少なかったのか

なぜ落札者が少なかったのかですが、恐らく、インターフェースがSASであったのが最大の理由でしょう。
オークションを閲覧している人は一般の方が圧倒的に多数ですから、その方達のパソコンにはSASのハードディスクは接続できません。
SASのハードディスクをSATAのインターフェイスで使えるように、全2重から半2重の変換チップを搭載した基盤はオークションでもジャンクで見かけますが、そこまでしてSASのハードディスクをSATA接続しても、何らメリットはありません。(口うるさい人は、製品の耐久性がどうのこうのと言うのでしょうが)

それと、この手の出品は当たり外れが多く、現状お渡し品(ジャンク扱い)ですので、直ぐに壊れたり、全く動作をしなくても返品が出来ません。
仮に半年で使えなくなったとしても、文句は言えないのです。
エンタープライズ向けの製品は造りが良いのですが、下手すると電源投入時間が100回で使用時間が10万時間を超えたりしているのはザラで、耐久性の心配もあります。
SATAのSSDがどんどん安くなっている現状で、わざわざリスクもあるオークションの製品を入手しないのは理解できます。

 それでも私は買ってみました

自他共に認める貧乏人の私ですが(かろうじて購入できる金額でしたので)出品の初期の頃でしたが落札してみました。
理由は、私はMegaRAIDのRAIDボードを数枚所有しているのですが、接続しているのはSATAのSSDなので、本来の転送能力を得られない(転送速度が半分になる)ためです。
本来の転送能力を得られないとは言っても、通常のハードディスクと比較すれば動作は軽快そのもので、全く不満はなかったのですが、試してみたい気持ちが上回りました。

つまらない能書きはこのぐらいにして、実際に接続した時の転送データを記載します。
SAS SSD4画像

LS 300Sは3台ありましたが、パソコンの取り付けスペースの関係で、2台でRAID0にした時のデータです。
ありふれたデータで、書き込み速度も遅い方ですが、この時期のSSDは(圧縮処理の関係で)書き込みが遅いのは常識でした。
使用上では、SATA形式のSSDと比較しても速度の遅さを感じる事はなく、通常のハードディスクとの比較なら雲泥の差です。
これで3年以上持って呉れれば御の字なのですが、それだけは今の時点では分かりません。(1年以内で壊れたら泣きます)

[Home]